スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
やっぱポリスは凄かった
2月13日、ポリス再結成ライブ@東京ドームに行ってまいりましたっ!
本当に寒い一日だったなぁ。
会場内に入ってもコート着用のままでしたもの。

スティングの息子ジョー・サムナーのバンド、FICTION PLANEのオープニングアクトの後、19:30過ぎに始まったポリスのライブ。
オープニングは"Massage in a Bottle"
いやぁ、遂に来たっ!って感じでした。

リアルタイムで聞いたポリスと言えば、名曲"Every Breath You Take"
とにかくこのシングルとアルバム"Synchronicity"が、当時のビルボードやAmerican Top 40でチャート1位を独走してて、Duran DuranやMadonnaで洋楽を聴き始めた私は何がそんなに凄いんだろうと不思議に思ったものでした。
その後、ソロとなったスティングにハマり、そこから遡って本格的にポリスを聞いたという感じで、"Synchronicity"は今、聞いても凄いと思う大好きなアルバムの一枚です。
で、27年ぶりの来日公演(さすがに前回は見てません…笑)

080213_2127~01


やっぱりポリスは凄かった。
懐かしい曲の数々が、懐かしいという思いよりも、進化していると感じたんだもの。
大きな仕掛けもなく、楽しいMCもなく、純粋に3人だけであれだけパワフルな演奏が出来るんだもの。
確かに、同じように年をとった3人の中で、あの声とスタイルをキープしているスティングが素敵すぎましたけどね。
私の大好きな"SyncronicityⅠ"をやってくれなかったのは残念だったとしても(やっぱり世間的には"SyncronicityⅡ"の方がポピュラーだものね)、本当に見て良かったと思えるライブでした。

それにしても、FICTION PLANEのジョー・サムナーはスティングそっくりだったなぁ。

皆さんは、ポリスのライブ行きました?



【2008/02/15 13:09】 | MUSIC | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
レイジ復活!
まだ耳がキーンって鳴ってます。
実はさっき、RAGE AGAINST THE MACHINE@幕張メッセのライブから帰ってきたとこ。
久々にガツンとくるステージを見ました。
まぁ、最近はタワレコに行けばJAZZコーナーだし、iPodのプレイリストはメロウだとかラブソングとかばっかりだったから。
なんだか、ロック魂を覚醒された感じ(笑)
前回レイジのライブを見たのが2000年の幕張メッセ。
その後、突然、ボーカルのザックが脱退してしまって、あのライブは何だったの!?なんて思ったっけ。

それから7年後。
さすがに外見は老けましたけど、彼らは相変わらずアグレッシブパワフルでした。
"Evil Empire"をiPodに入れとかなくちゃ。

rage.jpg


それにしても、2月は大物来日ラッシュです。
今週はThe PoliceBackstreet Boysジェイ・チョウと英・米・中を制覇します。
Bojrkも行ければいいんだけどなぁ。
そうそう、3月はBlue NoteでJohn Legendです、ムフフ。
【2008/02/11 00:43】 | MUSIC | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
思い出だらけの80's
天気予報によると、明日の関東地方は雪らしい。
ふふふ…うれしい。
食べられる。
空から降ってくるのを、大きな口開けてパクッと。
いい大人がよしなさい!とか、汚い!とか言われ続けてますけど、これだけはやっとかんと。
甥っ子と一緒に雪合戦でもしようかな。

ところで、さっきテレビ朝日のSmaSTATION!!やばかった。
テーマは…

歌いたい80年代洋楽ベスト30

始まった途端、思わずHDDに録画した。
去年の秋、韓流ドラマ好きな母の為に購入したHDDレコーダー。
今回、私は初めて自分の為に録画をしてみた(遅っ!)
だって、80'sの美味しいとこ取り&小林克也さんの顔出したもの。
もちろん、当時のセット風で登場ですよ。
ベストヒットUSA世代には、そりゃぁ、たまりません。

でね、もちろん、登場した30曲、サビの部分はみ~んな歌えた。
30曲すべてに思い出が一杯詰まってた。
ちなみに、最多登場の人物はC君とO君だった(きゃはっ)
そんなことを、なぜか母に語りながら番組を見てました(笑)

今回の特集でかなり印象に残った映像は、12位にランクインしていたボーイズ・タウン・ギャング「君の瞳に恋してる」

boyz.jpg


今なお多くの人々に愛される曲。
かかれば思わず口ずさんでる曲。
J-waveのe-stationでも、オリジナルからカバーまで(そもそも、ボーイズ・タウン・ギャングがカバーなんだけど)、かなり紹介した1曲と記憶しております。
克也さんの情報によると、ミュージック・ビデオ全盛のご時世に、ミュージック・ビデオを制作しなかったそうで、番組に登場したのはイギリスの人気音楽番組"TOP OF THE POPS"に出演した時のレア映像が流れたのですが。

え~~~~~~~っ!

あの2人の男性ってば、女性ボーカルの両脇で、黒のジーンズ&赤いタンクトップ姿素晴らしい二の腕を見せながら、左右に腰降ってリズムとってるだけだぁ~~~

なんか、見たくなかったかも(笑)
これから曲を聴くたびに、この映像を思い出してしまうじゃない。

でも、動くボーイズ・タウン・ギャングが見られるなんて思ってなかったから…OKとしよう。

やっぱり80'sは最高ねっ!!




【2008/02/03 01:49】 | MUSIC | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
タイのハニカミ王子
オンプB2チャッチャラチャン チャッチャチャラチャン 
 フゥ~~~~!
 チャッチャラチャン チャッチャチャラチャン
 フゥ~~~~~~!!


あぁ、昨日の夜から、気がつけばこればっかり口ずさんでる
頭ん中、グルグル グルグル回ってる(笑)

実は昨日、新宿FACEで行なわれたタイのハニカミ王子こと

アイス・サランユーアップロードファイル

ジャパンデビュー・イベントがありまして、私みんしるが司会をさせていただきました。

セールス10万枚で大ヒットと言われるタイで、なんとデビューアルバムが25万枚も売れてしまった、今やタイのNo.1男性シンガーなのですよ。
“日本語がムズカシイ~~”と言いながら、ステージではポンポンと色んな言葉が飛び出すアイス君。
何でもご両親は先生だそうで、お勉強が大好きなんだとか。
振付も覚えたてだったそうで、リハーサルもどこかソワソワしていたんだけど、本番になったらそんな心配は何処へやら。
たった5曲という短いステージだったけど、いやぁ、魅せる、魅せる。
あれを見たら、誰でもファンになっちゃいますよsmile-8

この日は彼の23歳の誕生日だったので、ファンの皆様とサプライズを企画。アイス君には内緒でケーキを用意し、皆でハッピーバースディを歌いました。
感激して涙するアイス君に、会場もジーン。
タイでは誰もが知るスターとなったのに、今でも自分のことを“田舎者”と呼んでいるそうで、彼のコメントを訳す通訳さんの目にも涙。それを見る私の目からも涙がこぼれそうでした。
フム、年を重ねると、涙もろくなるわね・・・

9月16日(日)に福岡市役所前で行なわれるLOVE FM ASIAN POP LIVEにも出演するアイス君。この日も私が司会をするので、またあの笑顔に会えるのが楽しみです。
【2007/09/13 13:41】 | MUSIC | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。