スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
落語はいいねぇ
月曜日、久しぶりに渡辺祐さんとお食事をしました。
元気そうで何より。
この人と7年半も放送していたんだなぁ、と思うとなんだか不思議な感じもして。
また、いつか一緒にお仕事したいものですね。

ところで先週末、笑福亭銀瓶さんの落語「銀瓶の日本橋亭でぎんぎん!」を見てまいりました。
銀瓶さんは在日3世の落語家さんで、私の大好きな鶴瓶さんのお弟子さん。
ある番組で、銀瓶さんが韓国で、しかも韓国語で落語をやるということを知って興味持ち、昨年9月まで放送していたLOVE FMのelan vitalのゲストに一度来てもらったことがあります。

080130_1647~01


今回の公演場所はお江戸日本橋亭
こじんまりとした、なかなか味のある会場でございました。
今まで行ったこのある会場は皆、椅子があったのですが、このお江戸日本橋亭は後方がパイプ椅子、前方がゴザを敷いたところに背もたれのついた座椅子が並んでいるという感じ。
場所の名前から、てっきり東京メトロ日本橋駅の近くにあるものと勘違いし(三越前が最寄り駅だった!)、迷いに迷ってちょっぴり遅刻。
お噺が一つ終わるまでは途中入場が出来ないので、寒い中、足踏みしながら待つこと数十分。
やっとスタッフに「どうぞ」と言われ、入ってみたら空いている席はステージのど真ん中、しかも最前列。
あんなに前?と、友人と戸惑っていると、「どうぞ前の方へ」と促され、足を伸ばし高座を見上げるというスタイルで落語を楽しんだのでした(笑)

演目は「宿題」(遅刻で見られず)、「寝床」そして「立ち切れ線香」
ゲストの桂つく枝さんは「時うどん」。
食べ物の噺だったからなのか、見て行くうちに桂つく枝さんが「味の玉手箱や~」でお馴染みの彦摩呂さんに見えてきてしょうがなかった(ちょっぴりふくよかなところも似ていたの)

それにしても、やっぱり落語は面白いねぇ。
下手なドラマ見るよりよっぽど楽しい。
今年はもう少し深く、落語を知りたいと思うのでありました。



スポンサーサイト
【2008/01/30 17:08】 | myself | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<思い出だらけの80's | ホーム | 雪の中で東方神起>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://minsil.blog116.fc2.com/tb.php/50-a7aa77e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。