スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ボールのゆくえ
東方神起ドームツアー~TIME@京セラドームでのこと。

途中、山車に乗って会場を一周するといういつものファンサービスがありまして。

私はスタンド席の目の前に柵があるところに座ってたんですけど、周りのファンが総立ち状態なのに、一人すかして座ってるわけにもいかんなぁ、とおもむろに立ち上がってみたら...

山車に立つ二人と目線が全く同じ位置。

恥ずかしいな~テヘヘ~と思いながらファンの皆さんに紛れて手を降ってみたら...

目があった!ユノ君と!(笑)

一瞬、ギョッとしたような照れたような「あっ、どうも~」みたいな表情をしながら手を振ってくれた...

と思ったら、飛んで来たサインボール。

わたくし、人生初のサインボールキャッチですよ~(笑)

きゃーっ!やったー!!とも言えませんしねぇ...

何事もなかったかのようにしてたんですけど。

公演終了後、ツイッターを見たら、サインボールキャッチしたんですか?という質問が相次いでいるではありませんか!

しかも、ユノ君ではなくチャンミン君のボールキャッチということにもなっている。

どういうこと???

と思ったら、スクリーンに映ってたんですね、私、

恥ずかしすぎるー!!!

ちなみにこれが例のボールです。



公演終了後、二人に会いに行ったら

「すぐわかりましたよ!」

とユノ君。

それに対してチャンミン君は

「すみません。全く気づきませんでした...」

実はマネージャーさんも私がチャンミン君のボールをキャッチしたものだと思っていたらしく、えっ!気づいてなかったの?と突っ込んでました。

それにしても3時間以上ライブやった後だというのに、相変わらず爽やかなんですよ、この二人。

ぐったりしてるとこってホント見たことない(笑)

そして、ライブを見てどうしても伝えたかったことをユノ君に言ってみました。

それは、物凄く歌が上手くなったということ。

今までももちろん上手いんですけど、チャンミン君が歌っているところに、即興的な感じでコーラス乗せてきたりしてて、長年見続けている私ですら感動したというか。

するとユノ君こう言いました。

「二日前の方がもっと上手かったです!」(お得意のドヤ顔で...)

う~ん、二日前の君を見れなくて、残念だよ、私は..,(笑)

すると隣にいたチャンミン君がいじけたように

「僕には...言って...くれないんですね...」

違うからー!

チャンミン君は元々、素晴らしいじゃない!今日も伸びやかな歌声は最高だったからー!

そんなこんなでいつもの楽しい二人でした。

ちゃんちゃん♫
スポンサーサイト
【2013/06/21 16:45】 | MUSIC | トラックバック(0) | コメント(17) | page top↑
「絆」
なんか気がついたら、約2週間ぶりのブログ更新だぁ。
(うん?もっとですね...)

感動覚めやらぬ内に書いておかないと...です。

6月17日。

東方神起5大ドームツアー最終地、東京ドームでの最終公演を見てきました。




スケジュールが合わない中、どんなことがあっても見に行く!とスケジュール帳に予定を書き込んでいたのが最終日。

結局、仕事の関係で関西方面に行った際、京セラドームでの公演を見ることができたわけですが、今となっては1度ではなく2度見れたことはとても良かったな~と感じています。

というのも毎回、着実に成長している姿をしっかり確認できたから。

京セラドームでステージを見た時にまず思ったことは、舞台にたつ二人が以前にも増して大きく見えたこと。

それから一週間後、最終日の東京ドームではさらに大きく見えたのでした。

東京ドームのようなどでかい会場だと、ついついスクリーンに映し出された姿だけを追ってしまいがちだけど、今回は双眼鏡も使わずに、じっと舞台を見てるだけでも十分で。

前回のTONEツアーの時に比べると明らかに何かが違うんですよね。

それは、それぞれの活動の充実ぶりなのかもしれないし、ついに5大ドームツアーをやり遂げたんだという自信かもしれない。

舞台の演出も統一感があってとても良かった。

私のような映画好きな人から言わせてもらえば、様々なSF映画を一つにしたような面白さもあって。

例えばマイノリティ・リポートとか、フィフス・エレメントとか。

Catch Meのカラフルな電飾付き衣装なんてトロン:レガシーっぽくって超クール^^

全体的に硬派な男らしさが際立つように感じました。

そして何よりも印象的だったのは、二人の表現力が豊かになったことでしょうか。

例えば歌。

今まではそれぞれが自分のパートを歌うという感じだったけど、今回はちゃんとハーモニーを奏でてるなぁ、と。

“Still”などバラード曲で二人がかなり離れた場所に立ち、互いに顔を見合わせながら歌うというシーンが結構あって、訳もなく胸が熱くなってしまいました。

もちろん、歌ってる時やMCしている時も表現力豊か、これ見たら誰でもファンになっちゃうでしょ!って思うくらい魅力的で (笑)

実はライブの翌日にどうしても確認してみたくなって、前回のTONEツアーのDVDを見たんですけど...

歌、ダンス、トークの成長ぶりは一目瞭然でした。

最終日ということで、最後には自分たちを支えてくれたスタッフやファンの人たちへの感謝の気持ちを口にした訳ですが、彼らの言葉って普通の人の100倍くらいピュアなんですよね。

私も度々、イベントなどでご一緒させていただく訳なんですが、今の自分たちがいるのは周りのスタッフたちのおかげだということを、こっちが恥ずかしくなってしまうほどのまっすぐな気持ちでしっかり伝えてくる。

そんなことを言われたら、頑張らない人はいないでしょうっていうくらい、その思いが強いんです。

だから、スタッフたちも思わず涙しちゃう。

当日はファンのサプライズもあって、二人とも涙するギリギリのところをどうにか保ってましたけど(笑)

以前、ユノ君が話してくれたんですよね。

どんなに疲れていても辛いことがあっても、ステージに立つと

「あぁ、今、僕は生きてるんだなぁ」

って感じると。

最終日の最後のコメントで、きっと今までにない「生きてる」感を味わっていたのではないかな、と思います。

さぁ、次は夢の日産スタジアム!

私たちが未だ体験した事のない、凄いステージを期待してます^^
【2013/06/21 01:56】 | MUSIC | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
メロディ・ガルドー
最近のお気に入りアーティスト、メロディ・ガルドー。
今日は仕事を終えた後、恵比寿のLIQUIDROOMで
彼女のショーケースライブを見てきました。

う~ん、やっぱりライブも良いわ~
若いのに、何なんでしょうねぇ、彼女の声が生み出す表現力!
MCも凄くうまいし、チャーミング。
ラウンジやジャズクラブなどで、お酒を楽しみながら聞きたいものです。

51rFXeN01ZL__SL500_AA240_.jpg


一枚目の“Worrisom Heart”が煌めきを隠した原石ならば、
メジャーデビューとなる2枚目“My One and Only Thrill”は
見事にpolishされた宝石という感じ。
当分、私のBedtime Musicとなりそうです。

オススメ!!
【2009/04/14 00:20】 | MUSIC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初めてだったのに…
またグンと寒くなりましたねぇ。
お台場や町田(めっちゃローカル!)では雪や
みぞれが降ったとか。
私は今日一日、借りて来たDVDを見たりジムに行って、
英気を養っておりました。

いや、今週は東方神起ファンクラブイベントの司会で
幕張→福岡→神戸と過密スケジュールだったのでね。
家に帰ってから、かなりゆっくりと過ごしてました。

それにしても、人生初の神戸だったんですけどね。
福岡から伊丹空港に飛んで、そこから神戸ワールド
記念ホールに入って、昼・夜の2回公演をして、
終わってから大急ぎで車に乗って関西空港へ。
会場から一歩も外に出ませんでした。
神戸の空気を吸っただけ!?

本当は、福岡の時のように、神戸の楽屋で携帯から
ブログ書こうと思ったんですが、電波が悪くて全く書けず。

ちなみに神戸でのランチはお弁当でした。

090121_1210~01

しかし…

私はこれ!

090121_1218~01

そう、辛ラーメン!!
東方神起の皆が嬉しそうに、ラーメンにお湯入れて、大盛りの
キムチを持って行くのを見て、食べずにはいられなかった(笑)
一応、司会者のマナーとして、匂いの強い食べ物は遠慮するん
ですけど、皆、同じ匂いなら構わないか、ってことで。
(とりあえず、ブレスケアは飲んだのですが…)

ちなみに福岡では、公演終了後、メンバー&スタッフでご飯会。
コラーゲン入り餃子鍋というものを食べました。

090120_2323~01

食事を始めるとジェジュン君が

「みんしるさん、m-net出てましたよね?」

すると、他のメンバーも、そうそう!と。

実は昨年の11月、東京・丸の内でM on!主催のsg Wannabe+
スペシャルライブの司会をしたんですが、韓国のm-netの音楽祭
MKMNの中継が入りまして。
私が東京のリポーターってことで出演したんです。
その映像を彼らは会場で見てて、あっ!みんしるさんだ!!
ってことになったそう。
ほんの数分しか流れなかった私に、気付いてくれるなんて。
なんか、嬉しいなぁ^^

それにしても、食べ物の写真ばっかりだ(笑)






【2009/01/25 01:19】 | MUSIC | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ジョンに溺れる…
まさにそんな感じでした、昨晩のジョンレジェンド@Blue Note 2nd stage
私の誕生日にとチケットを取ってくれた友人に感謝、感謝!ですっ。

john(2).jpg


ジョン・レジェンドのステージを見るのはこれで三回目なんだけど、今の彼がこんなクローズな場所でやるなんて奇跡的なこと。
そんな夜を、さらに完璧にするにはなるべく間近で彼を見なければ、ということで、今回は最初から自由席を希望。
で、21:30 2nd Stageの整理券をもらうため、19:15にBlue Noteに行ってみたら…
もうすでに30人くらい人が並んでた。
みんな気合い入ってます。
で、私たちは結局、整理番号31番。
でもこれがラッキーをもたらしたのですよ、うふふ。
だって私たちのテーブルは、出演者がステージに行く時に通る通路の脇だったんですもの!
本当に目の前をジョンが通るわけ。
もちろん、握手してもらいましたよ。
しかも、ステージまで3mくらいの距離でしょ。
途中、ジョンが歌いながら客席に降りた時なんて、もう目の前

小さなステージに10人のバックバンドを従えてのライブは素晴らしかった。
セットリストも良かったしね。

そして何といっても、ジョン・レジェンドのセクシーさ!!!
確信犯なんですよ、この人。
どうすれば女性を悦ばせるかを知っているんだな。
ステージで歌いながら、席にいる女性たちも目と目を合わせていく。
チラッ、じゃなくて3秒くらいジッと。
3秒なんて一瞬じゃん、と思う無かれ。
これが長く感じるのですよ、女子には(笑)
で、ポーっとなる・・・トロけちゃう
もうね、女性たちの目は完全にハートマークなのぉ。
私も目が合うたびにドキドキでしたよ。
目が合っただなんて言うから、「みんしる馬鹿だなぁ・・・」って声が聞こえそうですが、いいんだもん。
だって、私の周りの女性、みんな「きゃ~、目が合った」って言ってたから(笑)
まぁ、私のトロけ具合に、友人はあきれてましたけどね。

夢のような1時間半。
当分、ジョン・レジェンドの曲を聴くたびにニヤけてしまいそうです・・・

ちなみに

ステージ正面のBOXシートには、叶姉妹がイケメン連れて鎮座されていました。
二人が歩くとね、香水の香りの波が押し寄せてくるの(笑)

セットリストはこちら。

01 Intro / Maxine's Interlude
02 Do U Wanna Ride
03 Heaven
04 Stereo
05 Let’s Get Lifted
06 Alright
07 She Don't Have To Know
08 ≪BAND INTERLUDE≫ Dance To The Music (Original by Sly & Family Stone)
09 Number One
10 Save Room
11 I Can Change〜I Want You (She's So Heavy)
12 Slow Dance
13 P.D.A.(We Just Don't Care)〜Feel Like Making Love〜P.D.A.(We Just Don't Care)
14 Used To Love U
15 Ordinary People
16 So High
≪ENCORE≫
17 Stay With You


いや~ん、また、顔がニヤけてきちゃった。
本当に幸せな夜でした・・・。

【2008/03/13 16:28】 | MUSIC | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。